DJI CAMP

DJI CAMP DJI CAMP COURSE

DJI CAMPは、すでに業務でドローンを飛行させていて、10時間以上の飛行実績がある方が、DJI JAPANが認定したDJIインストラクターの座学講義を受講し、筆記・実技試験に合格した方のみ「DJI スペシャリスト」として認定されるプログラムです。

趣味で飛行したり、業務でもまだ始めたばかりの操縦者の方々には不向きですが、仕事としてDJI社製のPhantom4などのドローンを使用していて、様々な場所での飛行実績をお持ちの方向けです。

さらに、JUIDAなどの認定資格をお持ちでない方でメーカーからの認定を受けたい方には最適の民間資格です。

ドローンの民間団体が発行している資格証では得られないメーカー名が入った資格なので、お客様からの信頼も得られやすく、業務としてドローンを飛行させている方々にとっては安心感があると思います。

DJIという名前が入るので、内容もより細かく、ドローンに関連する法律やガイドライン、安全管理、操縦者の心構えなど多岐にわたった知識を必要とします。

実技試験では、インストラクターからの指導はなく、試験のみの内容となっています。

事前に実技試験の内容は発表されているので、ご自身でしっかり練習をしておくことをお勧めいたします。

受講にはテキストの事前購入が必要です。

受講内容 座学1日間 ※実技は試験のみです。

第1章
操縦者の行動規範
第2章
安全基準
第3章
禁止事項
第4章
マルチコプターの概論
第5章
電波について
第6章
気象について
第7章
飛行について
第8章
DJI製品について
第9章
法律について

技能テスト内容

 

  1. 機体コンディションチェック : 各種機体状況確認をしているか。
  2. 離陸(P) : 周囲の安全を確保し、確認してから離陸している。
  3. ホバリング(A)1分間 : 精度±50cm(優)、精度±1 m(良)
  4. 右or左のホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)
  5. 対面ホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)
  6. 前進してポールまで飛ぶ(A) : 画面中心なら(優)、画面内にポールなら(良)。
  7. 対面で離陸地点に戻ってくる(A) : まっすぐ戻ってこられる(優)。逆舵切ったら(良)。
  8. 八の字旋回×2(A) : 正確に進行方向で8の字を描く。(縦横不問)
  9. ノーズインサークル×2(A) : 正確に中心を向き円を描く。(左右不問)
  10. 着陸(A) : 周囲の安全を確保、確認してから着陸している。

認定テスト

  1. 飛行計画レポート作成:50点満点
  2. 飛行技能テスト:50点満点
  3. 最終オンラインテスト(選択問題):100点満点

*実技は試験のみ

料 金

受講料
60,000円(税抜)
主催:ファーストトラック
他の費用
テキスト代 3,240円(税込)

受講資格

実務でDJI製マルチコプターを使用していること。飛行実績が10時間以上


PAGE TOP